極の青汁 美味しい一杯

美味しい青汁は「極の青汁」

何故 現代人には青汁が必要なんでしょうか?

私は こう思って青汁を飲んでます。

 「野菜、食べてますか?」って、言われるように日本人には 必要充分な野菜を食べている人が殆どいないからです。

どうせ摂るなら、健康な青汁から 摂りたいですよね。

極の青汁がこだわったのは、健康な野菜を使用した青汁なんです。

まず、国産の大麦若葉と明日葉に「ケルセチンプラス」を配合 土作りからこだわった阿蘇の「大麦若葉」、大自然の底力がみなぎる屋久島の「明日葉」を主原料にしているんですね。

それでは 一体、野菜をどのくらいの量を一日食べたらよいのでしょう?

通常は、1食1皿以上、1日5皿分を食べることが良いとされています。

すべてが、生活習慣病などを予防し、健康な生活を維持するための目標値の一つに「野菜類を1日350g以上食べましょう」という健康予防のためなんですね。

ただ、野菜だけ取っていればよいかと言うと 肉や魚も必要で バランスの良い食事を取ることが大切なんですね。

しかし、生活に追われている現代人にとっては、なかなか栄養バランスを考えた食事を取ることは難しいとされています。

と言うことで、青汁を飲んで野菜の栄養不足を補う人たちが増えているんですね。

何故なら、青汁に使用されているケールや大麦若葉等といった緑黄色野菜の絞り汁によって、野菜に含まれる栄養素を損ねることなく摂取することが効果的になります。

さらに、粉末化することで野菜が持つ栄養素を全て無駄にすることなく摂取することが可能になりました。

また、今では 飽きのこないようにさまざまな青汁を使ったレシピもありますので 毎日楽しく簡単に頂けるようですね。

 

青汁のデメリットについて

一般的な青汁の摂取の仕方で生じる問題について

殆んどでメリットはないようですが、飲みすぎると下痢になる方もいます。

下痢の原因になるということではありません

飲む量が多すぎるという事らしいですね。

青汁は薬とは違って副作用があるものではありませんが、美味しいから、健康に良いからといって、飲み過ぎるのは良くありません。


薬のように、決まった量というものはないので 過剰な摂取は体が冷やしてしまい下痢を起こす場合があるようです。

一般的には、青汁を飲む量としては「一日で大体コップに2分の1から2杯くらいまで」とされていますが 商品によって差異がありますので使用法をよく確認すると良いでしょう。

ちなみに、飲めば飲むほど、体調が良くなるというものではないので、自分が飲んでいる量と使用法に書いてある摂取量を比較し、適切な量を飲料しましょう。

また、便秘になってしまう場合の考えられることは、
青汁には、食物繊維がたくさん含まれているので、飲めば、お通じが良くなるはずです。

それなのに、なぜ便秘になってしまうのかというと、それは青汁によって消化が改善されるからと思われます。

ということで、お通じが悪くなったら、水分だけではなく一日に飲む青汁の量を少し増やす事を試してみましょう。

結局、基本的には、青汁を飲むことでのデメリットといっても、青汁自体の原因で体に不具合が起こることはありません。

結局、「ほどほど」が大切なんだと思います。

特に、お通じの悩みがある人は 求める効果を期待できる成分構成があるか?
と 共にどんな飲み方をすれば良いのかをきちんと、把握することがとっても重要な点でしょうね。

 

一日の目安

『極の青汁』を毎日 飲み続けることによって、野菜不足の現代人に 大地のエネルギーからのパワーを与えます。

詳しくはこちらを、クリック。