ゴミ処分(粗大ゴミ)は、どうしたらよいか?

引越しに必ず付きまとうのがゴミの処分ですね。
一般ごみ、粗大ごみ、家電、最近ではパソコンなど。
自分で処分する場合と業者に処分してもらう場合を調べてみます。

まずは、自分で処分する場合について。

自治体により、ゴミの出し方・処分の方法が違います。

取り扱い窓口がゴミの種類により違うのが通常です。また、リサイクル利用金が発生するもの(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、PCなど)があったりと 一体どうしたら処分費に あまりお金をかけずに処理できるのでしょうか?

割高になるのを覚悟で、引っ越し業者に頼むと、自治体の処分場で処理してもらうより 当然お金はかかりますね。

それでは、まず 通常のゴミの処分

引越しの時でも一般的にはゴミ収集日に出すことができるゴミは、日常生活により出る程度のゴミということですので、それぞれの回収日に捨てます。
ただし、引越しまでの日数がないという方は、一度 自治体に問い合わせてましょう。受け入れてくれる処分場があるかもしれません。

粗大ゴミの処分

粗大ごみの規定は、特定の家電製品やPC等を除いた 一辺が30センチを越えるゴミのことです。
処理場に自分で持ち込む ほか有料で回収に来てくれたりします。
これも、自治体によって かなり違うので、詳しくは、住んでいるところの自治体に聞いてみてください。

例)東京都 渋谷区の場合
こたつ(こたつ板除く)300円 こたつ板300円 自転車600円  電子レンジ300円
扇風機300円 掃除機300円 ビデオデッキ300円 布団300円 

例)静岡県 浜松市の場合
平成24年4月~平成25年3月 10キログラムまでごとに80円
平成25月4月~ 10キログラムまでごとに120円

例)埼玉県 さいたま市の場合

消費者が支払う費用 冷蔵庫・冷凍庫 小(170L以下) 3,780円 冷蔵庫・冷凍庫 大(171L以上) 4,830円 エアコン 2,100円 テレビ 小(15型以下) 1,785円 テレビ 大(16型以上) 2,835円 洗濯機 2,520円 衣類乾燥機 2,520円
※リサイクル料金はメーカーによって多少異なります。

◎ご自分で「指定引取場所」まで運ぶ場合はリサイクル料金のみ、運搬を業者に依頼する場合はリサイクル料金と収集運搬料金がかかります。
ただし、収集運搬料金は業者により異なりますので、各許可業者に直接お問合せをして条件が合う業者に依頼してください。

中には、リサイクルショップに持っていって、販売できそうなものならば、買取ってもらえたり、無料で引き取ってもらえます。

例えば リサイクルショップでは10円/㎏の着なくなった着物(”着物買取のヤマトク

)や使わなくなったブランド品(”CM放映中!!
宅配買取ブランディア
“)なんかは 物によっては結構高値で買取査定してくれるようです。

家電リサイクル法の対象品の処分について

家電リサイクル法の対象品は冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、テレビ、洗濯機・乾燥機などです。
それぞれ買ったお店や、買い替えるお店に依頼すると良いです。
これもまた、リサイクルショップに持っていけば、販売できそうなものならば、買取ってもらえたり、無料で引き取ってもらえます。

続いて、業者に頼む場合

中には急遽決まった引越しなので時間も殆どなく、色々な手続きを検討すると お金を払って業者にゴミの処分を依頼しなければならない方もいるでしょう。。

まずは、引越し業者にお願いする場合

大手の業者は大抵応じていただけると思いますが、中小の引越し業者ではできないところも有るようです。。
一括見積りを取ったときに 不要品の回収をやっている引越し業者にまとめて見積もりを依頼すれば、料金を比較することが可能です。

不要品の処分の箇所にチェックを入れ、次に家財内容などを入力して不要品の処分も含めた引越しの見積もりを出してもらいましょう。

次にあたるのは、不要品回収業者

回収業者は全国展開しているような大手がなく、周辺3県とか、地域密着のところが多いようです。

引越し業者の見積もりと、不要品回収業者(ネットで見積り依頼ができます。)の見積もりと比較してみるのがいいと思います。
私のおすすめは、ダストマンです。
東京・神奈川の方は、是非お見積りを参考にとって見てください。

 
 


 

引っ越し料金値引き交渉術 その4 (粗大ごみ処分)

相見積もりの業者さん同士で競ってもらいましょう。

交渉が苦手な人について、お話ししたように、複数の業者に訪問見積もりをお願いしているこを話しておくことはとても効果的です。

「安いところに決める」と普通に言える人は、相見積もりがあることを事前に伝えるとともに、「A社では◯円と言われたんですが、もっと安くなりませんか?」と、普通に言ってしまっても問題ないようです。

複数の業者に訪問見積もりを依頼して業者間に価格を競わせることは、今や常識とも言える値引き交渉術です。でも、繁忙期には注意しましょうね。、反対に断られてしまう可能性が高いですからね。。

それでは、どんな順序で訪問見積もりの対応すべきでしょうか?
まずは、第一候補の引越し業者には一番 最後以外の、早めの順番に来てもらうと良いですね。その際、相見積もりであることを伝えてください。

一番最初に来て貰う業者は、他社の見積額を具体的に知ることができませんので、手探り状態で交渉をはじめますので、相見積もりがあるということを言うだけで、しっかりと値引きしてくれる可能性と思います。

当然、2社目、3社目になると、「うちはもっと安くできますよ」とアピールしてくるので、後から来る業者の方が普通は料金が安くなっていくでしょう。

しかし、値引き合戦には応じない業者さんは、この時点で消えていくでしょう。

結果として、一番最後に見積もりをする業者が有利にも思えます。
ここでのコツは、前にも念押ししたように「訪問見積もりで即決しない」ことが肝心です。

見積り訪問された業者さんには、一旦 帰社してもらい、比較検討してから連絡することを伝えましょう。

次に 一番肝心な話し方を説明します。
訪問見積もりを依頼した全ての業者の見積もりが取れたら、契約したいと思う業者に電話をして、次のように言って下さい。正、オプション等に差が無い事は確認してくださいね。

「私としては対応の良かったA社さんにお願いしようと思っているんですが、B社さんの方が安く、◯円と言われたものですから 家族が一番安いところで 良いんじゃないのと言うですよ。でも、私としてはA社さんにお願いしたいので 可能ならば もう少し安くしてもらえれば 家族を説得できるんですけど、お願いできないでしょうか?」

このように話の流れを設定すれば、その場で即決するよりもはるかに納得できる安い料金でA社と契約できる可能性があります。

実際に訪問してもらうと、第一候補だった業者よりも他社のほうが料金や対応が良かったと思うこともありますから、来てもらう順番は特に気にしなくても大丈夫ですが、第一候補の業者を一番最後にすることは避けましょう。

何故なら、一番最後にするとダメな理由として 訪問見積もりの時点で一番有利になられてしまうことと、やっぱりその業者にお願いしたいと思ったとき、電話での値引き交渉に幅がもてないからです。

いずれにしても、最安値の値引き額を査定して貰うには、その場での即決をしないことが一番大切です。

しかし、自分の思っている以上の破格の料金を提示された場合は、例外です。
それ以上値切り過ぎると反対に断られてしまうことがあるので、即決しても良いでしょう。

最後に、くどいようですが 不用品の処分は 早めに段取りしましょう。引っ越し業者さんの場合は、専門外なので 通常 高めに設定される恐れがあります。
一度 専門の業者不用品回収のダストマンから、参考に見積りを取ってみてください。
 
 


 

引っ越し料金値引き交渉術 その3

通常、値引き交渉は段階的に3回は値切るのが一般的です。
ですから、よく言われるように「今決めてくれたら~」で即決すると、それ以上は交渉できなくなるので即決しないように気をつけましょう。

続いて、引っ越し日の決定の方法に注意しましょう

前にも記しましたが、繁忙期、土日・祝日、大安、午前中などは、引越し価格が割高になる可能性が高くなるのが一般的なので、この時期は避けた方が良いでしょう。

但し、何時でも良いなどと言ってしまうと、思うように値引きがされない可能性が高いので、

  「できれば◯日がいいんですが、他にもっと安くなる日はありますか?」
  「◯月◯日~△月△日の間で、一番安くなる日時を教えてください。」
  「A社さんの都合の良い日にこちらの予定を合わせたら、どれくらい安くしてもらえますか?」

のように、妥協案を提案する形で伝えるのがコツです。

また、ズバリ!希望価格を伝えるのも一案です。

つまり、「◯円にしてくれるなら、今決めます。」
と、希望する料金をズバリ提示してみるのもひとつの方法です。

ただし、この場合は、引越しにかかるトラックのガソリン代、人件費、その他の諸経費などや複数社の見積もりから考えて、これ位なら妥当であると思われる金額を導き出した上で、おかしくない金額を査定して交渉する必要があります。

経験からいうと 荷物の不用なものを整理し 処分するものを早めに決めて処分の費用も検討しておきましょう。
引っ越し業者に処分を任せると高いものになる場合がありますので、専門業者に見積もりを依頼しておきましょう。
参考:不用品回収のダストマン
 


 

引っ越し料金値引き交渉術 その2

その2 見積もりを取る時期について

まず 値引きをしてもらうコツは、見積もりを早めに取ることです。

1ヶ月以上前に見積もり&契約をします。
まずは、早期割引が適用される場合があるとともに、引越し業者のスケジュール調整もしやすい時期なので、値引き交渉がしやすくなるはずです。

続いて、引越し会社の割引・キャンペーン情報をチェック!

引越し業者のホームページには、クーポン券や、各種割引、キャンペーン情報が記載されていることがありますので 是非印刷して交渉しましょう。

見積もり時に 事前に言い出さなければ適用されないこともあるので、「ホームページに掲載されている◯◯割引を使えますか。」と申し出て、割引を確認しましょう。

さらに、必ず見積書に記載してもらうことがポイントです。

また、他社にも訪問見積もりを依頼していることをアピールすると効果抜群でしょう。

交渉が苦手な人の中には、他社と比較していることを悪いと思って言い出せなかったり、言い出すタイミングがわからないという人もいますが、交渉ごとなので割り切って伝えましょう。

例えば、直接 「安くして!」と言えない場合でも、「すみません。実は、何社か見積もりに来ることになっているので、今すぐにはお返事できませんが、よろしくお願いします。」と見積もり前にひとこと言って、他社の存在をアピールし、交渉に望みましょう。

引っ越し料金値引き交渉術 その1

基本的な見方

引越し料金 と言うものは、ある意味「時勢価格」といえます。
つまり、引越し時期やその他の色々な要因によって かなり変わってきます。

ということは、一括見積もりで提示された料金が常に同じではなく どれが適正な価格だとはいえません。

実際、引越し会社が最初の見積もりで提示してくる金額は、高めに設定されている場合が多いでしょう。
引越し料金は交渉次第で必ず安くなるものですから、絶対に交渉したほうがお得です。
ただし、営業さんに対して 印象よく丁重に応対しましょう。横柄な応対は駄目ですよ。

その1 交渉が苦手な人の場合のあなたの値引き交渉術
引越しで、複数社の見積もりを取ること、つまり 一括見積もり(訪問見積もり)を取ることは基本中の基本です。

一括見積もりを頂いた複数社の料金を比較した後で、訪問見積りをしてもらい正式な見積額を算出してもらいましょう。

これは、値引き交渉だけを考えるだけでなく「見積もりと違う」「追加請求された」などといった 後々のトラブルを未然に防ぐためだと心得て下さい。

とはいえ、自分の希望を明確に伝えることが必要なので 自信のない人は逆に営業マンの思うツボななります。
特に、交渉が苦手な人は値切ろうと あれも言わなくては、これも言わなくてはと 意気込み過ぎてしまいますので、今までいろいろな準備を用意した経緯の中から まずは自然な形で交渉できる切り札を用意しておくことを心得て下さい。 

引っ越しの契約を確定するまでの心構え その2

ここで、再度 引っ越し業者の標準的な引越料金の算出のしくみを確認してみましょ う。

一般的には、見積もり書や契約書に記載される引越料金の内訳は次のようになっているようです。

基礎運賃・基礎作業料金 + 実費 + 付帯サービス料 = 引越料金

それでは、それぞれがどんな内容なのかを具体的に仕訳してみましょう。

基礎運賃・基礎作業料金

引越作業料金の区別には、、時間制と距離制があります。
時間制には4時間または8時間という基礎時間があり、軽貨物運送業者の場合には2 時間または8時間という基礎時間があります。
1時間を超えるたびに追加料金が加算されるしくみです。

距離制の場合には100Km、軽貨物運送業者の場合には30Kmという基礎距離が あります。
輸送距離がこれらを超過 すると追加料金が加算されます。

基礎運賃・基礎作業料金はあらかじめ国土交通省に よって定められていますし、届 出が必要な引越約款というものに基づいて計算されます。
また 引越作業とは業者が積地に到着してから、業者が帰庫するまでと定義されてい ます。

実費

引越作業員人数分の作業料、ダンボールなどの資材費、有料道路通行料などが含まれ ます。
また現地での見積もり を行った場合、遠隔地などではかかった交通費を請求される 場合があります。
有料道路通行料については運送業者が 片道分を請求することが慣例となっています。
フェリーを利用する場合には荷主が往復分を負担しなければなりません。

付帯サービス料

代表的な例としては エアコンの取り付け・取外しやピアノの運搬、不用品の処分等 があります。

また、内金、手付金というものを引越業者が請求することは禁止されていますので、 請求されても支払う事はありませんので そういった業者は要注意しましょう。 

引っ越し契約を確定するまでの心構え その1

これまで、引っ越しを実際に依頼するまでの準備資料を検討してきました。

これで基本的な料金は大よそ一緒になるでしょう。ただ営業マンによる細かな配慮や応対でその会社の印象が変わると思います。

と言うことで、いろいろな見積書以外の点も考慮して決定しましょう。

何故かというと、料金だけで決めてしまうと トラブル発生時にかえって高い料金を支払う事になってしまこともあります。

又、引っ越し業者の側から言うと せっかく訪問してまで見積りを出すので かなりぎりぎりの線まで見積りを提出することでしょう。

更に、その業者さんのメリット 値引き料金を含めて 会社の方針をアピールして契約を迫ってくるでしょう。

また、その場で契約をしないことも多いでしょうから、そんな方は 営業の人へ まだ訪問見積りの業者さんがいることを伝えて 後ほど、連絡をすることを伝えておきましょう。

その際、引っ越し業者の代表電話よりも 直接担当営業所や担当営業マンへ連絡しましょう。

 

頂いた見積書の確認ポイント その3

作業区分について
梱包、解梱包するのが、荷主か業者か、家具の分解、組み立てはどちらがするのかといった作業範囲を、荷物ごとに記入してもらって 契約書に記入して頂きましょう。
こういった細かな項目を、しっかり記入して貰っておけば 些細なトラブルもないでしょう。

養生について
新しいマンションや新築戸建ての引越しの場合 特に気をつけてもらいたいのは、内装など住居を保護する目的で養生が必要になることもあります。
必ず 荷物を家屋に入れる場合は事前に養生をしてもらうようにしましょう。

荷物を入れる梱包資材について
ダンボール・ハンガーBOX等を使用する場合、その数量に従って当然料金が変わります。
また、レンタル品なのか、無料なのか、有料のなのかも料金が変わるので 必ず確認しておきしょう。

オプションサービスについて
エアコンの取り付け・取り外しやピアノの運搬などについては 引越業者が行う場合と専門業者に依頼する場合もあります。
また、地元の業者を利用した方が安く済む場合もあるので事前に調べておくことをお奨めします。

特記事項について
マンションなどへの一斉入居や壊れやすいもの、貴重品がある場合については事前に引越業者に知らせておくと、トラブル時に回避されます。

貨物保険について
見落としがちなのが、保険会社名や補償限度額を確認しておくことはもちろん、実際に荷物の破損事故などがあった時には どんな対応をするのか確認しておきましょう。

料金
引越し当日、追加料金の発生する可能性の有無をきちんと確認しておきましょう。
支払方法については、作業前に集金するところ、作業後に集金するところなどがありますが、どちらになるか確認しましょう。

以上、項目的には結構多いと思われますが、見積もり書や契約書の裏面には引越に関する約款という荷主と引越業者の間で交わされる取り決めについて記載されていることが通常です。
この中でも 特に、荷物の破損や紛失、キャンセルなどについての重要項目だけでも確認しましょう。
メールや電話のみでの契約を済ます時には、この引越約款の提示をしない傾向にありますが、しっかりと説明を受けましょう。

気持ちの良い引越しをするには、上記に挙げた各項目について納得のいく説明を引越業者にして貰いましょう。

そうすると「このお客さんは調べてるな。」という印象を、引越しの見積もり担当者に与えることができますので、お互いに納得いく引っ越しをできるのが最大のポイントとなります。

 

頂いた見積書の確認ポイント その2

それでは、具体的に引越し見積もり書の基本的な記載項目を確認しましょう。

業者名について
引越業者の所在地、電話番号、見積もり担当者の氏名
特に重要なのは 荷物の破損事故などがあった場合の担当者氏名なども確認しておくと安心ですね。

日程について
引越し日と午前便、午後便の確認。
午後あまりに遅い時間は極力避けるようにしたほうが良いのでしょう。万が一午後になるときは、遅くならないように念を押しとくと安心
ですね。

住所について
現住所と新住所、それに住居の形態。
積地、降し地が複数の場合は 手違いの無いよう 必ずすべて記入してもらいましょう。

運賃について
使用するトラックの大きさ、台数などとともに基本料金が記入されるようです。
積みきれない場合の対応と、その際の料金などオプションについても確実に記入してもらいましょう。

実費について
引越作業員の人数と料金、高速料金などが記入されます。
まれにある場合に備えて、引越し当日、引越作業員の人数が増減した場合の対応についても確認しましょう。。

荷物リストについて
家具と呼べるものは小さな物もすべてもらさず記入してもらいましょう。
大物優先や1車積み切りなどの割引を利用する場合、この項目がとても重要となります。
乗用車で運べないような荷物は絶対に積み残さない旨、記入してもらいましょう。

 

頂いた見積書の確認ポイント その1

引っ越し業者から、訪問見積りをとりましたら 見積書が契約書となる場合が多いのでその契約内容を確認しましょう。

メールや電話のやり取りの場合の契約でも、その契約内容を書類にしてもらいましょう。

基本的に作業する方達は、契約書に記載された内容しか行いません。

したがって、契約書以外に記載された内容に関しては オプションの取り扱いになることがあり別途費用が掛かることもありますので 口約束はせずに必ず記載してもらいましょう。

見積もり 計算

例えば、

全ての荷物が、積み切れなかった。
家具の分解・組み立てが必要になった。
吊り上げ、吊り颪が必要となった。
梱包、解梱包の作業が約束と違う事態が発生した。

などの責任の範囲を明確にして 必ず書類にしてもらうことで トラブルを防ぎましょう。

 
 

見積りを取る前に、決めておくこと。 その3

4 引っ越し荷物のリストを作りましょう。
これも、見積りを安くする為のパフォーマンスと思ってください。要するに営業さんに、そのくらいしっかりしていると 思わせることが重要なんです。
もちろん電話見積りの時でも、荷物のサイズ、ダンボールの個数などが明確になっていれば 準備する車両のサイズが大きすぎずに準備できるので 見積り料金が節約された設定になり安く見積もられるでしょう。
荷物の数
実際の荷物リストについて
●大物は、すべての寸法を計測する。(縦×横×奥行き)
●ダンボールの数を想定して何箱ぐらいか
※電話の段階でダンボールの大きさを自分なりにイメージして どのサイズのダンボールが何個ぐらいかを ざっと伝えましょう。
●ダンボールに入れられない物
空気清浄機・扇風機・ヒーター・DVD・イス・かご・証明器具・絵画・植木鉢・ゴミ箱・風呂のイス・ゴルフバッグなど…こういったものは とてもかさが増えるので、かなり細かく伝えたほうが相手の見積りも明確になるので伝えましょう。

以上 1~4準備できたら 見積りを依頼しましょう。

 

見積りを取る前に、決めておくこと。 その2

3 引っ越し用ダンボールの用意は自分ですること。
ダンボール安く引っ越しを行うためには と言う意味で用意しておきましょう。
調達方法としては
仕事の関係で、ダンボールが手に入るか?
スーパーか、コンビニへもらいにいく。
ただし、ダンボールのサイズによって 中に入れるものが違うので 気をつけましょう。

大・・140cm前後→ 軽いもの
中・・120cm前後→ 紙関係以外
小・・100cm前後→ 本などの紙・書類関係
ちなみに、

~やってはだめなこと3カ条~

やってはだめなこと・・・本、書類関係を小のダンボール以外にいれる
理由は、大きすぎると重くて、持てません
やってはだめなこと・・・140以上のダンボールに入れる(軽いものでも×)
理由は 運ぶときに壁などをこする
やってはだめなこと・・・ダンボール足らずで、中途半端な荷造り(思っている倍ぐらいは、通常 使います。)

業者さんの立場から考えると、ちょうど良い大きさのダンボールはなかなか見つけにくいので かえって用意してもらったほうが 見積りが安くなると言ってました。