「見積り書の確認ポイント」カテゴリーアーカイブ

頂いた見積書の確認ポイント その3

作業区分について
梱包、解梱包するのが、荷主か業者か、家具の分解、組み立てはどちらがするのかといった作業範囲を、荷物ごとに記入してもらって 契約書に記入して頂きましょう。
こういった細かな項目を、しっかり記入して貰っておけば 些細なトラブルもないでしょう。

養生について
新しいマンションや新築戸建ての引越しの場合 特に気をつけてもらいたいのは、内装など住居を保護する目的で養生が必要になることもあります。
必ず 荷物を家屋に入れる場合は事前に養生をしてもらうようにしましょう。

荷物を入れる梱包資材について
ダンボール・ハンガーBOX等を使用する場合、その数量に従って当然料金が変わります。
また、レンタル品なのか、無料なのか、有料のなのかも料金が変わるので 必ず確認しておきしょう。

オプションサービスについて
エアコンの取り付け・取り外しやピアノの運搬などについては 引越業者が行う場合と専門業者に依頼する場合もあります。
また、地元の業者を利用した方が安く済む場合もあるので事前に調べておくことをお奨めします。

特記事項について
マンションなどへの一斉入居や壊れやすいもの、貴重品がある場合については事前に引越業者に知らせておくと、トラブル時に回避されます。

貨物保険について
見落としがちなのが、保険会社名や補償限度額を確認しておくことはもちろん、実際に荷物の破損事故などがあった時には どんな対応をするのか確認しておきましょう。

料金
引越し当日、追加料金の発生する可能性の有無をきちんと確認しておきましょう。
支払方法については、作業前に集金するところ、作業後に集金するところなどがありますが、どちらになるか確認しましょう。

以上、項目的には結構多いと思われますが、見積もり書や契約書の裏面には引越に関する約款という荷主と引越業者の間で交わされる取り決めについて記載されていることが通常です。
この中でも 特に、荷物の破損や紛失、キャンセルなどについての重要項目だけでも確認しましょう。
メールや電話のみでの契約を済ます時には、この引越約款の提示をしない傾向にありますが、しっかりと説明を受けましょう。

気持ちの良い引越しをするには、上記に挙げた各項目について納得のいく説明を引越業者にして貰いましょう。

そうすると「このお客さんは調べてるな。」という印象を、引越しの見積もり担当者に与えることができますので、お互いに納得いく引っ越しをできるのが最大のポイントとなります。

 

頂いた見積書の確認ポイント その2

それでは、具体的に引越し見積もり書の基本的な記載項目を確認しましょう。

業者名について
引越業者の所在地、電話番号、見積もり担当者の氏名
特に重要なのは 荷物の破損事故などがあった場合の担当者氏名なども確認しておくと安心ですね。

日程について
引越し日と午前便、午後便の確認。
午後あまりに遅い時間は極力避けるようにしたほうが良いのでしょう。万が一午後になるときは、遅くならないように念を押しとくと安心
ですね。

住所について
現住所と新住所、それに住居の形態。
積地、降し地が複数の場合は 手違いの無いよう 必ずすべて記入してもらいましょう。

運賃について
使用するトラックの大きさ、台数などとともに基本料金が記入されるようです。
積みきれない場合の対応と、その際の料金などオプションについても確実に記入してもらいましょう。

実費について
引越作業員の人数と料金、高速料金などが記入されます。
まれにある場合に備えて、引越し当日、引越作業員の人数が増減した場合の対応についても確認しましょう。。

荷物リストについて
家具と呼べるものは小さな物もすべてもらさず記入してもらいましょう。
大物優先や1車積み切りなどの割引を利用する場合、この項目がとても重要となります。
乗用車で運べないような荷物は絶対に積み残さない旨、記入してもらいましょう。

 

頂いた見積書の確認ポイント その1

引っ越し業者から、訪問見積りをとりましたら 見積書が契約書となる場合が多いのでその契約内容を確認しましょう。

メールや電話のやり取りの場合の契約でも、その契約内容を書類にしてもらいましょう。

基本的に作業する方達は、契約書に記載された内容しか行いません。

したがって、契約書以外に記載された内容に関しては オプションの取り扱いになることがあり別途費用が掛かることもありますので 口約束はせずに必ず記載してもらいましょう。

見積もり 計算

例えば、

全ての荷物が、積み切れなかった。
家具の分解・組み立てが必要になった。
吊り上げ、吊り颪が必要となった。
梱包、解梱包の作業が約束と違う事態が発生した。

などの責任の範囲を明確にして 必ず書類にしてもらうことで トラブルを防ぎましょう。

 
 

見積りを取る前に、決めておくこと。 その3

4 引っ越し荷物のリストを作りましょう。
これも、見積りを安くする為のパフォーマンスと思ってください。要するに営業さんに、そのくらいしっかりしていると 思わせることが重要なんです。
もちろん電話見積りの時でも、荷物のサイズ、ダンボールの個数などが明確になっていれば 準備する車両のサイズが大きすぎずに準備できるので 見積り料金が節約された設定になり安く見積もられるでしょう。
荷物の数
実際の荷物リストについて
●大物は、すべての寸法を計測する。(縦×横×奥行き)
●ダンボールの数を想定して何箱ぐらいか
※電話の段階でダンボールの大きさを自分なりにイメージして どのサイズのダンボールが何個ぐらいかを ざっと伝えましょう。
●ダンボールに入れられない物
空気清浄機・扇風機・ヒーター・DVD・イス・かご・証明器具・絵画・植木鉢・ゴミ箱・風呂のイス・ゴルフバッグなど…こういったものは とてもかさが増えるので、かなり細かく伝えたほうが相手の見積りも明確になるので伝えましょう。

以上 1~4準備できたら 見積りを依頼しましょう。