頂いた見積書の確認ポイント その2

それでは、具体的に引越し見積もり書の基本的な記載項目を確認しましょう。

業者名について
引越業者の所在地、電話番号、見積もり担当者の氏名
特に重要なのは 荷物の破損事故などがあった場合の担当者氏名なども確認しておくと安心ですね。

日程について
引越し日と午前便、午後便の確認。
午後あまりに遅い時間は極力避けるようにしたほうが良いのでしょう。万が一午後になるときは、遅くならないように念を押しとくと安心
ですね。

住所について
現住所と新住所、それに住居の形態。
積地、降し地が複数の場合は 手違いの無いよう 必ずすべて記入してもらいましょう。

運賃について
使用するトラックの大きさ、台数などとともに基本料金が記入されるようです。
積みきれない場合の対応と、その際の料金などオプションについても確実に記入してもらいましょう。

実費について
引越作業員の人数と料金、高速料金などが記入されます。
まれにある場合に備えて、引越し当日、引越作業員の人数が増減した場合の対応についても確認しましょう。。

荷物リストについて
家具と呼べるものは小さな物もすべてもらさず記入してもらいましょう。
大物優先や1車積み切りなどの割引を利用する場合、この項目がとても重要となります。
乗用車で運べないような荷物は絶対に積み残さない旨、記入してもらいましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です