見積りを取る前に、決めておくこと。 その3

4 引っ越し荷物のリストを作りましょう。
これも、見積りを安くする為のパフォーマンスと思ってください。要するに営業さんに、そのくらいしっかりしていると 思わせることが重要なんです。
もちろん電話見積りの時でも、荷物のサイズ、ダンボールの個数などが明確になっていれば 準備する車両のサイズが大きすぎずに準備できるので 見積り料金が節約された設定になり安く見積もられるでしょう。
荷物の数
実際の荷物リストについて
●大物は、すべての寸法を計測する。(縦×横×奥行き)
●ダンボールの数を想定して何箱ぐらいか
※電話の段階でダンボールの大きさを自分なりにイメージして どのサイズのダンボールが何個ぐらいかを ざっと伝えましょう。
●ダンボールに入れられない物
空気清浄機・扇風機・ヒーター・DVD・イス・かご・証明器具・絵画・植木鉢・ゴミ箱・風呂のイス・ゴルフバッグなど…こういったものは とてもかさが増えるので、かなり細かく伝えたほうが相手の見積りも明確になるので伝えましょう。

以上 1~4準備できたら 見積りを依頼しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です