一人暮らしの住まいを考えるための条件としては・・・

立地・周辺環境に拘りました。

具体的には
スーパーやコンビニエンスストアが近くにあることですね。

そして 穴場の地域を探しました。

ネットで家賃の安い穴場の駅が会社の三つ先の駅にありました。

その駅は家賃も物価も格段に安くて
私にとって暮らしやすい第二の故郷って
言ってもよいくらい住みやすい街でした。

最後に
スキルアップをするのに便利な場所選びをしました。

そのため定期券を有効に使える
池袋・新宿・赤坂・銀座・大手町・東京を
経由できる場所を選考しました。

そうすれば 途中下車をしても定期券が有効に活用できますし
飲み会や習い事にスキルアップの勉強等の費用を軽減できますからね。

一人暮らしを始めた時って
右も左もわからないことが多いです。

なので 上記のことを考慮して住む街を決めました。

家計を考慮して ある程度基準を設けたほうが良いですけど
「女性の場合は防犯面を考える」「家賃が高くても築浅に住みたい」
「古い住宅でも日当たりの良さは譲れない」
といったこだわりを
持って住まい選びをしましょう。

だいたい
所得の25%~30%の範囲と考えて柔軟性を
持たせたほうが良いと思います。

まずは 気に入った住居に住めば
仕事へのモチベーションも高かめましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です