引っ越しは、見積り訪問が基本

引っ越し先が決まったときに、始めに考えることは何でしょうか?

私の場合は、まず どの業者に頼んだら安心して頼めるか そして、どのくらい事を自分が用意して どのくらいのことを業者に頼んで良いかを検討してから見積りを取りました。

それと同時に 家の中の不用品を処分しました。

お引越しで整理したい不用品処分の無料相談できますよ!

例えば 古くなったブランド物の服など それに古くなって何時壊れてもおかしくないような家電製品なども処分して身軽にしようって思いました。

なにしろ 少しでも運ぶ荷物を減らせば それだけ運ぶ荷物の量が減りますから 見積金額も減りますからね。

それに 上手く処分すれば収入になるかもしれませんからね。

ということで 話は元に戻りますが 実際の話少しでも荷物を減らすように努力しました。

それと同時に 一つ一つ見積りを取るのは 面倒なので 条件をほぼ一緒にして一括見積りを取ったので とても楽でした。

一括見積もりを取った後には 見積書だけでは不安だったので訪問見積りをしてもらうようにしました。

とにかく値段が安いだけで良いのか?
それともサービスもどんなサービスを重視するのか?

何を根拠に、引っ越しを頼んでよいのか 見当がつかなかったので まずは営業の人に来てもらいました。

営業の人に、具体的に引っ越し荷物を見てもらって、意見を伺って見ました。
プロならば、一見すればどのくらいの車に 何人で作業できるか判るはずです。

付帯事項については、後から いざこざを起こさないように しっかり見積もりに記入していただきました。

下に 私が交渉して感じたことを記しましたので、ご参考になれば幸いです。

危険な安い引越し業者の全貌

  • 引越し費用の安さばかりを強調し、引越し当日の作業の説明がない
  • 都合が悪いことは、知らぬ存ぜぬ。泣くのは引越し契約者。
  • 訪問見積に見えた営業の態度などから、会社の本質が見えることがありますので 見積もりの内容が大雑把で有ったり、説明が曖昧である業者は注意しましょう。
  • 電話対応が悪い業者は、サービスも悪いことが多い。

今では、引越し業者さんにとって集客のために電話帳やTVコマーシャル・新聞の折込チラシなどよりインターネットの一括見積もり参加や自社HPを充実させて集客させるのが常識ですね。

安心して、引越し費用の一括見積もりを取って、料金を業者間で競争させるのは常識と思って交渉しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

引っ越しは、一括見積もりを取ってから 訪問見積りを依頼しましょう!