快適な睡眠は、ダイエットに関係あるのはなぜ?

米女性誌『COSMOPOLITAN』に掲載されていたダイエットに効果的な方法について 快適な睡眠は、新陳代謝を促しダイエットに効果があると書いてありました。
やはり、アメリカでも 快適な睡眠が効果的なことを謳っていますね。

それでは、ダイエットを実行する為の、普段の生活に取り入れながら簡単にカロリー消費できるテクニックを記載します。

さらに、消費カロリーも記しているから、どの位の運動をして良いか判るので参考にしましょう。

 

■1:待っている間に挙手跳躍運動

気をつけの姿勢から、ジャンプをしながら足を広げ、両手は頭の上で叩き、また元に戻すを繰り返す挙手跳躍運動。これはとても簡単でカロリー消費がしやすい運動です。

けっこう 室内ではきつい運動になりますね。消費カロリーは1分で10キロカロリーです。

■2:髪を乾かしている間にスクワット

ドライヤーの時間って本当に長いですよね。特に髪の長い人であればなおさら。そんな時は乾くまでの間にその場でスクワットを行いましょう。消費カロリーは5分間で70キロかロリーです。

■3:座っている時はつま先を鳴らす

会社や家でも座りながらできるのが、つま先をトントンと踏みならすエクササイズ。25回片足ずつ行えば、合計24~30カロリーの消費となります。

これって、貧乏ゆすりに近いかも。

■4:コマーシャルの時だけランジ

テレビを観ている時間もエクササイズに活用しちゃいましょう。秘訣はコマーシャルの時だけ、片足を前方に大きく踏み込むランジを行うこと。

3時間テレビを観ていると、コマーシャルの時間はトータルで20~30分程度と言われているので、それら全てを行えば120キロカロリーの消費になります。

ランジとは、youbetuを参照

■5:エレベーターではなく階段を

通勤中でも、会社内でも、ショッピングモールでもどこでもエレベーターは使わずに、階段を使って歩く事を心がけましょう。一連の階段を上ると10キロカロリーが消費されます。

■6:キッチン内では壁スクワット

電子レンジで食品を温めている間、お湯を沸かしている間などは、壁スクワットをしましょう。これは上体を壁につけ両足は壁から放し、そのまま膝の角度が90度になるまで腰を下げていくものです。30秒につき12~15カロリーの消費が期待できます。

■7:ベッドで腹筋運動

お腹周りが特に気になる人は、ベッドに入ったら5分間腹筋を行ってみてください。毎日続ければ効果は確実にあらわれますよ。5分間で40キロカロリーが消費されます。

■8:眠りの質を高める

よい眠りもカロリー消費につながります。1時間で60キロカロリーを消費できるので、質の良い眠りも心がけてみてください。

以上を実践することが ダイエットに効果的だそうです。8以外は、殆ど座っていることをしてないってことですね。
常に、立ち上がっていて何か運動をするってことになりますね。
私なら、楽しく運動したいので イージードゥーダンササイズ(TRF)がおすすめですね。
楽しく続けられるのが効果的で、継続できると思いますね。
また、この運動をした後に すやっと青汁を頂くことによって 質の高い快眠をえられます。
好循環の結果、ダイエットがかなり進むはずですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">